カーリヤ

Kāliya

地域・文化:ヒンドゥー


 クリシュナ伝説(『バーガヴァタ・プラーナ』10.16)に登場する竜。とある像(ビクトリア・アンド・アルバート博物館蔵)では、頭が4つあるように表現されている。
 その昔、毒蛇カーリヤはヤムナー河畔の湖に棲みついていた。この蛇の毒は非常に強く、ヤムナー川は毒の火によって煮えたぎり、通る生き物は毒に当たって死んでしまうほどだった。
 そこで、クリシュナはその毒水に飛び込んだ。怒ったカーリヤはクリシュナに巻きついたが、クリシュナの身体はどんどん大きくなっていき、耐え切れなくなってしまった。蛇はクリシュナを放し、そして再び攻撃を開始した。しかし、素早いクリシュナはカーリヤの鎌首の上に乗り、そこで踊りを始めた。クリシュナは全宇宙をその体内に内蔵していたのである。カーリヤは重みに耐え切れなくなり、血を吐いて倒れて気絶してしまった。
 悲歎に暮れたカーリヤの妻は、クリシュナをたたえて命乞いをした。そこでクリシュナはカーリヤを助けて意識を回復させた。カーリヤは手を合わせて(あるのか?)許しを願った。クリシュナは、カーリヤに、川から離れて海に行くように命じた。
 彼らは一族を引き連れて、海の中のラマナカ島へと移り住んだのであった。

関連項目


参考資料 - 資料/70:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-28 (月) 05:32:19 (4132d)