ユーロイン・キーア

地域・文化:オーストラリア・ヴィクトリア州


 むかし、火を持っていたのはグランピア山脈に棲むカラスだけだった。カラスは火を貴重なものだと考えていたので、他のどの動物にもそれを渡さなかった。しかし、ユーロイン・キーアというミソサザイが、カラスがつけ木を振り回して楽しんでいるのを見て、そのうち一本を持っていってしまった。さらにタラクックという鷹がそれを奪い、国のあちこちに火をつけた。そういうわけで、今人々は火を自由に使えるようになったのである。

関連項目


参考資料 - 資料/187:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-28 (月) 05:37:53 (3427d)