メドゥーサ

Medūsa, Medousa

地域・文化:古代ギリシア


 メドゥーサは、もともとはまともな女性だった。古い時代の主神であったポセイドンは多くの愛人を持ったが、その中の一人にメドゥーサがいた。ポセイドンは、アテナの神殿で馬の姿をして彼女を誘惑した。この冒涜に激昂したアテナが、メドゥーサの髪を蛇に変えてしまった。そしてその恐ろしい姿を見るものは石になってしまう、という「邪眼」の女が誕生したのだ。ただ、ヘシオドスによれば、「このメドゥーサ一方と黒髪の主が共寝をなさった。やわらかい牧草と春の花のあいだで」とあるから、メドゥーサは生まれながら蛇の髪だったという伝承もあったのだろう。「ゴルゴーンたちは竜の鱗でとり巻かれた頭をもち、歯は猪のごとく大きく、手は青銅、翼は黄金 」だった。彼女たちの恐ろしさといえば、ヘラクレスがハデスにきたとき、他の諸霊は逃げたのに、メドゥーサとメレアグロス だけは逃げなかった、という伝説が物語っている。
 ゴルゴンのうちステンノとエウリュアレは不死だったが、メドゥーサだけが死ぬ運命にあった。そして彼女は有名な鏡のトリックによりペルセウスに斬り殺された。ヘシオドスによれば、そのときにクリュサオルとペガソスが血から躍り出たという。アポロドロスは、ペガソスはポセイドンとのあいだに生まれたといっているが、メドゥーサから生まれたことに変わりはない。

関連項目


参考資料 -


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-28 (月) 05:31:15 (4174d)