アドーニン

Adōnin
Ⲁⲇⲱⲛⲓⲛ

地域・文化:グノーシス主義


   (1) 写本によってはメルケイル・アドーネイン(Melkheiradōnein, Ⲙⲉⲗⲭⲉⲓⲣⲁⲇⲱⲛⲉⲓⲛ)とも。『ヨハネのアポクリュフォン』において../ヤルダバオトが創造した12の天使のうちの一。
 黄道十二宮の宝瓶宮に対応すると考えられる。
 アドーニンはギリシア神話のアドニスをさすが、メルケイルはヘブライ語の「悪しき王」malkira‘に由来するとのこと。

 (2) 写本によってはアドーニ(Adōni, Ⲁⲇⲱⲛⲓ), アドーネイン(Adōnein, Ⲁⲇⲱⲛⲉⲓⲛ)。『ヨハネのアポクリュフォン』においてヤルダバオトが創造した7の天の支配者の第六のもの。
 猿の顔をしたものとされ、ヤルダバオトによって「理解」(写本によっては「妬み」)と結び付けられた。

関連項目


参考資料 - 資料/23:56-57, 60-62, 64; 資料/954:66-67, 72-75


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-07 (土) 20:52:08 (2972d)