ムレク・ヘシュカ

Mlek Heshuka

地域・文化:マニ教


 別名:ギリシア語、ラテン語、コプト語資料では「悪魔」、アラビア語資料ではサタン、中期ペルシア語、パルティア語、古期テュルク語資料ではアハレメン、ソグド語、古代トルコ語資料ではシマヌまたはシムヌ、ラテン語、コプト語資料では「暗闇の王子」、ギリシア語、ラテン語資料では「大いなるアルコーン」、シリア語、ギリシア語資料では「ヒューレー」、ラテン語資料では「物質」または「悪」。
 原初に存在した悪の本質、「暗闇の王」。善のアッバ・ドゥ・ラッブタと対立する。

関連項目


参考資料 - 資料/129:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-28 (月) 05:31:24 (3309d)