犀犬

Saiken
さいけん

地域・文化:中国


 『捜神記』巻12によると、晋の恵帝の元康年間(291-299)、現・江蘇省の人の家で見つかった犬。
 ある日、突然地中から犬の鳴き声がさかんに聞こえてきた。そこで声の発生源を調べてみると、ミミズの出口ほどの小さな穴が開いていた。そこに杖をさしてみると、数尺ほど入ったところに何かがある。掘り返してみると、まだ目の開いていない小犬のつがいがいた。しかし大きさは普通の犬より大きかった。土地の古老によれば、これは犀犬というもので、つかまえた人の家を繁栄させるのだという。家の人は、まだ目も開いていなかったので犬を穴のなかに戻し、石臼で蓋をしておいた。ところが翌日蓋をどけてみると、穴もないのに犬はいなくなっていた。家が繁栄することはなかったが、不幸なことも起こらなかった。
 同様の話が東晋の時代にもあったが、育ててみたものの亡くなってしまった。育てた人はその後兵士に殺されてしまった。

 『捜神記』は似たような存在として../地狼../賈などを挙げている。

関連項目


参考資料 - 資料/72:373-374


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-28 (月) 05:30:18 (4381d)