アハルガナー

Ahalganá

地域・文化:マヤ・キチェー


 「水痘の出る病気」。
 人間の敵が住む地下の国シバルバーの主の1人。
 キチェーの神話『ポポル・ヴフ』第2部第1章において、アハルプーとともに、人間にチュガナールという病気を起こす役目を与えられた。チュガナールとは、足から膿が流れ、顔が黄色になってしまう病気のことである。
 詳しい物語についてはフン・カメーの項目参照。

関連項目


参考資料 - 資料/254:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-28 (月) 05:29:35 (2581d)