犬神

Inugami

地域・文化:日本・中国、四国、九州


 別名:犬神狐(いぬがみぎつね・山口)、イヌガメ(島根、宮崎)、犬外道(いぬげどう・広島、山口)、イリガミ(種子島)、インガミ(熊本)、インガメ(南日本)。とくに四国に多い。
 1775年の浄瑠璃『東海道七里艇梁』四には「唐土斉の王死して餓鬼の道に落、人に付いて食事を乞ふ。四国の犬神に同じ」とある。
 『「諸国風俗問状答』「備後国福山領問答状一三一」(19世紀前)には「犬神、クチナワ神といってひそかに祭る」という記述がある。
 人に取り憑き病気を起こす憑き物。

関連項目


参考資料 - 資料/222:; 資料/106:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-28 (月) 05:25:01 (3069d)