イレリオン

Yllerion

地域・文化:西ヨーロッパ


 アレリオンとも。
 『プレスター・ジョンの書簡』*1に言及されているフェニックスのような鳥。
 その色は炎のようで、羽毛は剃刀のように鋭い。すべての鳥の王で、いかなる時においても一つがいしかこの世に存在しない。
 イレリオン夫婦は60年に渡って生き、2~3個の卵を産む。卵を産んで温めると、イレリオンたちは孵化する前に海へと向かい、そこで寿命を終える。孵化した雛は、死ぬ時にイレリオンに同行したすべての種類の鳥たちによって世話がなされる。

関連項目


参考資料 - 資料/266:


*1 プレスター・ジョンは、中世の伝説で、西方のキリスト教国と共にイスラム国を挟撃することができると言われた東方のキリスト教国の王。書簡は実在するが、西欧の誰かによる創作だと考えられている。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-06 (日) 03:04:50 (1461d)