マンドラゴラ

Mandragora

地域・文化:西ヨーロッパ


 マンダラケ、マンドレイク。
 人間の形の根を持っている、不思議な魔力を持つ植物。古代ギリシアの時代からヨーロッパ全般に伝承が広がっており、ドイツではアルラウネ、南欧ではマンドラゴラと呼ばれる。伝承によれば、死刑囚の絞首刑後に生えるとか、その滴り落ちた精液が元になっているとか、あまりよいいわれを持つ植物ではない。古代には、その叫び声を聞いたものは死ぬといわれ、犬を訓練して犠牲にすることによりマンドレイクを手に入れたという。この植物には媚薬の効能があるといわれる。朝鮮人参の類である。また、民間信仰では、マンドレイクを所有しているとその家に幸福が訪れるといわれる。

 マンドラゴラは現実に存在する植物でもあり、しかし幻想的なイメージを伴っている。マンドラゴラに関する話をどこまでここに入れていいのか悩むところである。

関連項目


参考資料 -


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-28 (月) 05:38:46 (3745d)