ライカンスロープ

Lycanthrope

地域・文化:英語


 精神病の一種としての「狼狂」は古代ギリシアの時代から知られており、ギリシア語でリュカントローピア(lycanthrōpia)、英語でライカンスロピー(lycanthropy)と呼ばれていた。この病気はシリア経由でアラビア文化圏にも入り込み、そこではクトルブと呼ばれるようになった。イブン・スィーナーの医学辞典『カーヌーン』にもその名がみえ、今度はこれがヨーロッパに逆輸入され、ロバート・バートンの『憂鬱の解剖』などではククブス(Cucubuth)として表記され、ほかの狼狂を表すことばと並べられている。

 近代以降は、オオカミに物理的に変身する../人狼と同一視されるようになった。

関連項目


参考資料 -


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-14 (水) 02:38:44 (1126d)