[[TopPage]]
#csv2newpage(南欧, _name, spelling, culture, reference, classif, original, body, relevant)
//,エレンスゲ,Herensugue,エウスカルドゥナ,,[[キーワード/ドラゴン]] [[キーワード/多頭]],, 多数の頭を持つ大蛇。&br; エウスカルドゥナクの民話に次のようなものがある。&br;&br;アンチニェン・ムンドゥエン・アシュコ・レス…・…&br; エダアンスゲ(エレンスゲ)という7つの頭の蛇は、ある王国の洞窟に棲んでいました。エダアンスゲは、腹が減ると洞窟から出てきてたくさんの人を食い殺していました。そこで、この国の王様が現状に見かねてくじ引きを行い、毎日一人ずつ洞窟に行くように命じました。&br; ある時、王女がくじ引きに当たってしまいました。運のないことです。こういう場合、普通なら洞窟へ行くことを免除するのですが、この王は次のようなことを言いました。娘を救って蛇を殺した者には国土の半分を与え、娘と結婚させる権利を与える、としたのです。&br; そこで、ある若者が、何本かの鉄で作った鉤を持って洞窟に行きました。若者は洞窟で王女を見つけると、宮殿に戻るようにと言いました。そして、洞窟の前の木に鉤を突き刺し左手にハンマーを持って鉤より上にあがりました。そこへ男の臭いをかぎつけてエダアンスゲがやってきて、木の上にのぼりはじめました。しかし、男も必死にハンマーで攻撃します。必死です。蛇は後ずさりしましたが鉤に引っかかって動けません。そこを男が仕留めました。そして、蛇から舌を抜き出して洞窟を立ち去りました。&br; しばらくして、1人の若者がそこへ行くと蛇の死体が転がっていました。しかし、頭は残っています。運のいいことです。そこで、彼はエダアンスゲの頭を切り取り、王様の前に現れて「蛇を殺したのは私です」と言いました。王様はその言葉を鵜呑みにし、娘を若者の前に連れてきました。しかし、娘は彼は私を助けていない、と断言します。当然です。&br; そこへ本物が現れ、王様に蛇の舌を見せました。確かに調べてみると、最初に現われた若者の持ってきた蛇の頭には舌がないため、王様はようやく納得し、王女と対面させると、彼女は今度は本物だと認めました。王様は先の若者を捕らえ、蛇退治の男に国土の半分と娘を与えました。&br; オイ・アラ・バサン・シャルトゥ・ディラ・カラバサン。,&br;
//,バシャジャウン,Basajaun,エウスカルドゥナ,[[資料/307]]:,[[キーワード/怪人]] [[キーワード/野人]],, バサハウン。野人。,&br;
//,アーチェ,Aatxe,エウスカルドゥナ,[[資料/307]]:,[[キーワード/牛]],, 「若い雄牛」。&br; 雄牛の姿の妖怪。嵐の夜に住処である洞窟から現れ、しばしば人間の姿をとる。&br; エツァイ(Etsai:悪魔)と名乗り、崇拝者に技術を与えることがある。,&br;
//,ヘンティル,Jentil,エウスカルドゥナ,[[資料/243]]:,[[キーワード/巨人]],, 「異教徒」。,&br;
//,ヨナゴリ,Yonagorri,エウスカルドゥナ,[[資料/448]]:552,[[キーワード/山]],, ピク・ダニ(Pic d'Anie)地方の精霊。マリの仲間。,[[../マリ(バスク)]]
//,シュゴイ,Sugoi,エウスカルドゥナ,[[資料/243]]:,[[キーワード/蛇]],, 「大蛇」。シュガールのこと。,[[../シュガール]]
//,マフ,Maju,エウスカルドゥナ,[[資料/307]]:,[[キーワード/蛇]],, 女神マリの夫である神霊。&br; 2人が出会ったとき、そこにはぞっとするような雷雨が起こる。蛇の姿をとって現れることが多い。,&br;
//,シュガール,Sugaar,エウスカルドゥナ,[[資料/307]]:,[[キーワード/蛇]] [[キーワード/炎]],, 「男の蛇」。下界に棲み、たびたび空を飛んで炎を飛ばす。,[[../シュゴイ]]
//,ソルギン,Sorgin,エウスカルドゥナ,[[資料/243]]:,呪術師,,,&br;
//,マリ,Mari,エウスカルドゥナ,[[資料/243]]:,女神,, 別名:チンドキコマリ(ギプスコア地方)、マリムンドゥコ(アタウン地方)、アンドゥレ・マリ・ムノコ(ギプスコア地方)、アケテギコ・ダマ(ギプスコア地方)、ビデコ・エマステ・シュリア(スベロア地方)、ガイスト(ギプスコア地方)など。&br;&br; 山を支配する女神。,[[../チンドキコマリ]]、[[../マリムンドゥコ]]、[[../アンドゥレ・マリ・ムノコ]]、[[../アケテギコ・ダマ]]、[[../ビデコ・エマステ・シュリア]]、[[../ガイスト]]、[[../ヨナゴリ]]
//,トルト,Torto,エウスカルドゥナ,[[資料/243]]:,[[キーワード/隻眼]],, タルタロのこと。,[[../タルタロ]]
//,タルタロ,Tartalo,エウスカルドゥナ,[[資料/243]]:,[[キーワード/隻眼]] [[キーワード/食人]],, 別名:トルト(Torto)。&br; 1つ目の、森の野人。人を食う。,[[../トルト]]
//,マイデ,Maide,エウスカルドゥナ,[[資料/243]]:,[[キーワード/民話]],, スベロア地方。男のラミニャ。,&br;
//,イングマ,Inguma,エウスカルドゥナ,[[資料/307]]:,[[キーワード/夢魔]],, 夜中に人々の家に忍び込み、彼らの首をしめる妖怪。,&br;
//,アケテギコ・ダマ,Aketegiko Dama,エウスカルドゥナ,[[資料/243]]:,,, 「アケテギのご婦人」。&br; ギプスコア地方におけるマリのこと。,[[../マリ(女神)]]、[[../マリ(バスク)]]
//,アンドゥレ・マリ・ムノコ,Andre Mari Munoko,エウスカルドゥナ,[[資料/243]]:,,, 「ムノのマリさま」。&br; ギプスコア地方におけるマリのこと。,[[../マリ(バスク)]]
//,ガイスト,Gaizto,エウスカルドゥナ,[[資料/243]]:,,, 「邪悪なもの」。&br; ギプスコア地方におけるマリのこと。,[[../マリ(女神)]]、[[../マリ(バスク)]]
//,チンドキコマリ,Txindokiko Mari,エウスカルドゥナ,[[資料/243]]:,,, 「チンドキ山のマリ」。&br; ギプスコア地方におけるマリのこと。,[[../マリ(女神)]]、[[../マリ(バスク)]]
//,ビデコ・エマステ・シュリア,Bideko emazte xuria,エウスカルドゥナ,[[資料/243]]:,,, 「路上の白い婦人」。&br; スベロア地方におけるマリのこと。,[[../マリ(女神)]]、[[../マリ(バスク)]]
//,マリムンドゥコ,Marimunduko,エウスカルドゥナ,[[資料/243]]:,,, アタウン地方におけるマリのこと。,[[../マリ(女神)]]、[[../マリ(バスク)]]
//,ラミニャ,Lamina,エウスカルドゥナ,[[資料/243]]:,,, ラミナ。&br; 別名:ラミア(Lamia)、アミラミア(Amilamia、アラバ地方)、エイララミア(Eilalamia、ナファロア地方)、シャインディ・マインディ(Saindi-maindi、低ナファロア地方)など。&br;,[[../ラミナ]]、[[../ラミネー]]、[[../ラミア]]
//,エルゲ,Erge,エウスカルドゥナ,[[資料/307]]:,,, 神話や民間伝承の中に登場する、人命を奪う妖怪。,&br;
//,アイアル,Aiar,エウスカルドゥナ,[[資料/448]]:519,,, 悪霊、悪魔の一種。,&br;
//,ラミナ,Lamina,エウスカルドゥナ,,,,,[[../ラミニャ]]

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS