大金婆さ

Oganebāsa
おおがねばあさ

地域・文化:静岡


 東浅羽村に伝わる怪火。この村と幸浦村とのあいだを、夜間、東西に飛ぶことがある。
 かつてヘソクリを隠していた未亡人の老婆がいた。外出したとき過ってこれを失くしてしまい、それをいたんで死んでしまった。以来、この火を時々見かけるようになった。
 また別の話では、幸浦村に「お金」という女がいて、ある男とのあいだに子供を身ごもったが、男のほうは薄情にも見捨ててしまった。女は非常に憂い、産後の状態がよくないまま死んでしまったが、このときから火として出るようになったのだという。

関連項目


参考資料 - 資料/920:1201


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS