*耳衣人 [#p688f02a]
CENTER:&size(25){Jienin&br;じえにん};

地域・文化:仏教

----
 漢訳『正法念処経』にみえる、東方の異人名。耳を自らの衣服にできるほど巨大な種族。~
 漢訳『正法念処経』にみえる、東方の異人名。自らの衣服にできるほど耳が巨大な種族。~
 この箇所は、『大正大蔵経』本文では「取衣人」となっているが、校註にあるように宮内庁書陵部蔵宋本では「耳衣人」となっており、さらにチベット語訳でははっきりとナパゴンパ(rna ba gon pa)「耳を衣にする人」となっている。このことから、失われたサンスクリット原本では、この箇所は[[カルナプラーヴァラナ>インド/カルナプラーヴァラナ]]だったと推測される(([[資料/995]]:17.))。
**関連項目 [#h76b8200]
-[[インド/カルナプラーヴァラナ]] [[西欧/パノティイ]]

-[[キーワード/耳]] [[キーワード/怪人]]
----
参考資料 - [[資料/]]


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS