カラ

Kara

地域・文化:ゾロアスター教


 パフラヴィー語ではカル(Kar)。
 ウォルカシャ海に棲む善性の魚類。「ウィーデーウダード」第19章第42節では「深淵の底に水棲するもの」と呼びかけられている。

 以下は、中世ペルシアにおける物語。創世神話における第3の時代に、大地を取り巻くといわれたウォルカシャの海に生えていた木、白ホームを守る魚がカラだった。白ホームは、万物を長寿にする霊薬が作られていた。カラは、どんなに小さな音でも聞き取ることができるため、侵入者をすぐに察知できる。アフレマンは大蛙(../ワザグ)を使ってこの木を枯らせ、この世の生き物を滅ぼそうとした。しかし、カルによって白ホームは大蛙の侵略から守られている。

関連項目


参考資料 - 資料/9:451; 資料/32:124, 199


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-08-17 (日) 22:20:57 (4625d)