カルシプト

Karšipt

地域・文化:ゾロアスター教


 アヴェスターにおけるウィシュ・カルシプタル。
 パフラヴィー語文献『ブンダヒシュン』第19章16節によれば、カルシプトは言葉を知っている鳥である。また、イム(イマ、ジャムシード)がつくった宗教に囲いを与え、アヴェスターを鳥の言葉で言いながら、その周りを回っている。
 ちなみに『ウィシュペレド』第1章第1節や『ブンダヒシュン』では鳥の王だとされているが、『ブンダヒシュン』のほとんど同じところではチャームローシュが鳥の王だとされている。

関連項目


参考資料 - 資料/349:70


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-28 (月) 05:32:59 (4130d)