アヒ・ブドニヤ

Ahi budhnya

地域・文化:インド


 アヒルブドニヤ(Ahirbudhnya)。
 『リグヴェーダ』6.50などに名前が出てくる蛇。深淵、または天の海にすむ。 インド最古のヴェーダ文献でも定型句においてしか現れず、それ以降もヘビとしてはほとんど現れることがない。そのため、ヴェーダ時代にはすでに「遺産」としてしか知られていなかった、と考えられている。

 プラーナ文献では、シヴァの別名、マルト神群の一人ともいわれる。

関連項目


参考資料 - 資料/142:; 資料/116:; 資料/389:460-463


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-28 (月) 06:03:17 (4430d)