ジャターユ

Jaṭāyu, Jaṭāyus

地域・文化:ヒンドゥー


 叙事詩『ラーマーヤナ』に登場する、ガルダの息子である鳥。猛禽の王である。別伝によればアルナの息子であるとも。

 物語においてジャターユは、シーター姫を強奪しようとする魔王ラーヴァナを攻撃したが、逆襲されて致命傷を負った。そしてラーマに看取られつつ死んだのだった。

関連項目


参考資料 - 資料/283:134-35


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-28 (月) 06:03:13 (4434d)