バインシャースラ

Bhainśāsura

地域・文化:インド


 ガンジス川沿岸にあるミルザプールの有名な淵バレーワに潜んでいる水牛の亡霊。
 昔、一人の牛飼いがバレーワのほとりで水牛の群れを放牧していたところ、淵の水が怒って、牛飼いもろとも水牛を全て飲み込んでしまった。溺死した水牛たちは、その後バインシャースラという恐ろしい悪魔となって、ナーガやナーギー(蛇神)とともに淵に棲み、人々を恐れさせている。人々は家禽、卵、ヤギを捧げた後ではないとバレーワ淵で魚をとることはできない。
 また、バインシャースラは穀物霊であるともされ、穀物が実るころにもこの亡霊を鎮めなければならない。

関連項目

  • Crooke 1896, The Popular Religion and Folklore of Northern India. vol. 1. p. 46.

参考資料 - 資料/38:157-58


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-28 (月) 05:32:25 (4430d)