マリガンガ

地域・文化:ボルネオ


 ボルネオのサラワクに住むカヤン族。
 冥界の番人。
 カヤン族によれば、人間の魂は、死後ロングマランと呼ばれる大河の岸にたどり着く。そこには一本の橋がかかっているが、このマリガンガという番人がつねにこの橋を揺さぶっている。生前、戦で敵の生首を手に入れたものは難なく橋を渡ることが出来るが、そうでもない人間は振り落とされ、魚に食べられてしまう。

関連項目


参考資料 - 資料/208:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-28 (月) 05:32:17 (3805d)