アミト

地域・文化:古代エジプト


 アム・ムト、アミメット。
 「貪り食うもの」。
 エジプトの『死者の書』にある、冥界への不適格者の心臓を貪り食う怪物。河馬、ライオン、ワニの合成された姿だとされる。

関連項目


参考資料 -


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-28 (月) 05:22:16 (3805d)