ウロボロス

Ūroboros, Ouroboros
Οὐροβόρος

地域・文化:西ヨーロッパ


 「自らの尾をむさぼるもの」。
 自らの口の中に自らの尾をくわえている蛇のこと。
 錬金術や魔術において特有の象徴となった。「永劫回帰」を意味しているとされる。古代末期の魔術文書やアイテムにしばしば見られる。

 起源はおそらくエジプトの太陽の守護神であるメヘンであると思われる。メヘンも自らの尾をくわえる形で描かれており、ウロボロスの起源はエジプトあるいはフェニキアだといわれていたからである。

 竜とドラゴン:ウロボロスのページも参照。

関連項目


参考資料 - 資料/460:s.v. (1274); 資料/461:337


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-14 (月) 18:32:39 (2222d)