フォモール族

Fomoire, Fomorians, Fomóiri, Fomoraig, Fomhóraigh, Fomhoire, Fomorii, Fomor,Fomors, Fomoré, Fo-Muir

地域・文化:アイルランド


 ['foμor'e]。
 フォウォレ。
 語源的には「海」、またドイツ語のマーアMahr「幽霊、幻」と同語源のケルト語という説がある。
 アイルランドの「神話物語群」に登場する、アイルランドの先住民族。怪物的な種族。おもに『アイルランド来寇の書』と『マグ・トゥレド第二の戦い』に登場する。
 『アイルランド来寇の書』によれば、大洪水がおきてから300年後にこの地にパルソローンの一族がやってきたとき、すでにフォモールたちが存在していた。そこで初めての衝突が起こった。続いてやってきたネメズの一族はフォモールに朝貢しなければならなかった。
 今の人々のひとつ前の種族であるトゥアハ・デー・ダナンがやってきて、2度にわたる戦争でようやくフォモール族を撃退することに成功した。この戦争はマグ・トゥレドの戦いと呼ばれている。

 インド・ヨーロッパ語族の三機能論によれば、フォモールは生産や豊穣をつかさどる第三機能を保持しているとされる。トゥアハ・デー・ダナーンには主権神と戦闘神、そして技芸神しかおらず、豊穣の神は存在していなかった。そのため、フォモール族の持つ豊穣の機能を吸収することが必要だったのである。フォモールとトゥアサ・デー・ダナーンとの一連の戦争神話は、北欧やローマ、ギリシア、インドに対応する事例があるという。

 マン島では../フォウル?(Foawr)。

関連項目


参考資料 - 資料/198:; 資料/308:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-08-17 (日) 00:52:08 (5030d)