チャルシャンバ・カルス

Çarşamba-karısı, Tcharchamba Karisi

地域・文化:トルコ西部


 チャルシャンバ・ジャドゥス(Çarşamba-cadısı)とも。
 「水曜の女」。水曜日にだけ姿を現し、一日中徘徊するのだという。

チャルチャンバ・カリシ

 「チャルチャンバ・カリシ」の表記で、週一回、水曜日にしか現れない妖怪……というのが資料/250に書かれている。しかし資料/575:76を見てみるとチャルシャンバ・カルス・ギビ(Çarşamba karısı gibi)という、よく似た単語があって、そこには「髪をボサボサにし、だらしないかっこうをした女」とある。Çarşambaは「水曜日」という意味。gibiは「~のような」という意味。確実に「チャルチャンバ・カリシ」というのは、トルコ語を知らない編集者による誤表記だろう。Türkçe Sözlük(2005)にも「比喩につかう語」として同様の意味が載せられている。

 トルコの民俗では水曜に何か特別な意味があるのだろうか。よくわからない。

関連項目


参考資料 - 資料/250:; 資料/885:78; 資料/1062:25


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-01-05 (火) 06:02:15 (1431d)