アラドランムー

Aladlammû

地域・文化:アッシリア


 シュメール語からの借用語。ᴰALAD(KAL×BAD).ᴰLAMMA(KAL).と表記される。
 アラドランムーという名前は新アッシリア時代のセンナケリブ期の碑文に初めて見られる。それによれば巨大な雄牛で、頭が人間であるという。このような存在はサルゴン期やセンナケリブ期によく知られていた。ちなみに/aladlammu/という発音は実際にはハッキリしておらず、たぶんこれがもっともらしいのだろう、とのこと。
 よく知られている、王宮の門に彫られた人面有翼牛(または獅子)は、一般的にはアラドランムーだと考えられている(クサリクではないか、という説もある)。

関連項目


参考資料 - 資料/CAD:s.v.; 資料/271


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-28 (月) 05:59:50 (3811d)