グドアンナ

Gudanna

地域・文化:シュメール


 gud-an-na。
 グアンナ(GU₄.AN.NA)。
 「天上の(AN)牛(GUDまたはGU₄)」。
 アッカド語における../アルー
 人面で翼が生えている牛。シュメール語の叙事詩『ギルガメシュと天の牛』、アッカド語のギルガメシュ叙事詩第6石板にその物語が残っている。シュメール語版の物語は断片的だが、女神がイシュタルの代わりにイナンナであるほかはアッカド語版とほとんど違いはない。
 グドアンナは現在牡牛座として知られている星座の原型でもあり、この場合は星を表す限定詞ᴹᵁᴸがついた。これは牡牛座α(アルデバラン)とプレアデス星団にあたるらしい。ちなみに、エンキドゥがイナンナ(イシュタル)に向けてこの牛の脚を投げつけたことが、牡牛座の後半身がないことの神話的理由となっている。

関連項目


参考資料 - 資料/351:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-08-20 (水) 22:18:01 (4486d)