アカロ

'Akalo

地域・文化:ソロモン諸島


 マライタ島のサア地域などにおける死霊、または生者の有する霊魂のこと。
 アカロは夢のときにも体を離れるが、死んだときに永久に体を離れることとなる。死体の腐敗中は死霊は弱く、腐臭がなくなると強くなるといわれる。死霊は、石灰を額に塗るとはっきりと見えるという。
 アカロはまずサアのある地点にまで泳ぎ、次にウラワ(Ulawa)、オル・マラウ('Olu Malau)、そしてサンクリトヴァルのハダ(Hada)近くにまで泳ぎ、最後にガダルカナルのマラウ沖の2つの小島(Marape)にいく。2つの島にはそれぞれ子供の死霊と大人の死霊がおり、大人は子供に紛らさせられることがなくなる。生活は生前と変わらないが、生者が島に行っても何も見えることはない。ただ、笑い声や水の乱れを見るのみである。
 アカロは時間がたつと白蟻の巣になり、より強大なアカロに食われる。

関連項目


参考資料 - 資料/133:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-28 (月) 05:30:46 (3810d)