シェディム

Šēḏîm
שֵׁדִים

地域・文化:ユダヤ教


 シェージーム(シェーズィーム)。複数形。
 邪神のこと。旧約聖書においては、ユダヤ教以外の神に使われた名称。語源はバビロニアのシェードゥ。旧約聖書では「民数記」32:17、「詩篇」106:37に見える。多くの訳では「魔神」「悪魔」などと翻訳されている。

 『バビロニア・タルムード』では、シェディムは悪魔と同義になり(スッコート編28a)、ルアハ・テザジト(狂気の悪霊)と同一視もされた。
 スペインのカバラでは、ナフマニデス(Nahmanides)がシェディムはゴミ(Shedudim)の中、廃墟、北方のような寒いところに存在しているとした。彼らは四大元素から創造されたのではなく、炎と空気のみから創造されたという。というわけでその身体は希薄で人間の感覚では捉えどころがなく、空や火の中を飛ぶこともできる。さらに高く空を飛んで獣帯の近くにまでいけるために、近未来に起きることを知ることもできる。食べ物は匂いと樹液である。しかし彼らも異なった元素によって創造されているために、次第に衰えていって人間のように死んでしまうという。
 降霊術師たちは香料を炊いてシェディムを呼び出すが、彼ら自身は非常な寒気をともなって現われる。

 マジキムとよく混同される。

関連項目


参考資料 - 資料/7:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-28 (月) 05:22:10 (3803d)