女祭と女戚

Josai to Joseki

地域・文化:山海経・海外西経


 形天が帝と戦ったところの北の、二つの川の間に住んでいるという女巫。
 戚はウナギの仲間の魚を手に持ち、祭はまな板を持っているという。
 「大西荒経」では、戚は蔑(原本では「艸/四/ワ/伐」)となっている。

関連項目

  • ../形天、[[../[次/鳥]鳥、[詹鳥]鳥]]、[[../䳐鳥、[詹鳥]鳥]]、[[../[次/鳥]鳥/䳐鳥、[詹鳥]鳥]]、../䳐鳥

参考資料 -


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-28 (月) 05:30:07 (4353d)