巨蟒

Kyohon

地域・文化:中国・安南、雲南


 巨大な蛇で蚺蛇(ニシキヘビ)の一種。脚が4本ある。
 『本草綱目』では、巨蟒は安南、雲南に生息しているとされ、よく鹿と食べるとある。その体色は黄色や黒である。春冬は山にいて、夏秋は水に降りて人々を傷つける。人々はこの蛇を捕らえて胆を食べ、病気を癒す。黄色の巨蟒の胆のほうが効能がよいとされる。

 寺島良安は『和漢三才図会』で巨蟒にヤマカガチと和名を当てて、ヤマタノオロチと同一視している。

関連項目


参考資料 - 資料/152:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-08-17 (日) 00:12:08 (5031d)