スス・パナン

Sousou pannan

地域・文化:ハイチ・プレザンス


 基本的に悪性のロア(神々)の一種。ハイチ先住民起源であると考えられている。
 非常に醜く、全身が爛れている。その従者の衣服は使い古しの着物の余りをくっつけたものである。とくに決まった住処はなく、空中に存在している。好みの食料は血と豚肉と赤い鶏で、飲み物はクレラン(Clairin)とタフィア(taffia)が好みである。色は赤が好み。聖なる日はとくに決まっておらず、いつでもいる。
 スス・パナンは残酷なロアで、家具や太鼓を壊そうとしたり、生贄に捧げられる動物の後を追って血を吸ったり、捧げられた動物の血やアルコールを大量に飲むとされる。

関連項目


参考資料 - 資料/364:45, 49, 50-51


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-28 (月) 05:29:39 (3807d)