テキトゥク

地域・文化:メキシコ


 オアハカ州に伝えられている男の妖怪。人間の弾性と似ているが、よく見ると脚が左右対称ではなく、右足と右足、左足と左足というように不自然な姿をしており、歩き方もぎごちない。
 しかし、テキトゥクは普段は巧妙に人間に変身しているので、人間が話してもそれとわかることはない。しかし、夜中になると彼は本性をあらわす。テキトゥクは魚を口に入れて食べるのではなく、ちぎっては一方の肩へ投げ、ちぎってはもう一方の肩へと投げるため、それだとわかる。また、火に温まると背中はぬるぬるになってしまうという。焼塩が苦手である。

関連項目


参考資料 - 資料/213:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-20 (金) 15:31:44 (2623d)