カラ(仏教)

Kala

地域・文化:仏教


 ヤッカの一人。
 『スッタニパータ』269以下、および『サンユッタ・ニカーヤ』第X篇第3節に、スチローマとともに登場する。カラはブッダを見て「道の人だ」といったが、スチローマは否定した。

関連項目


参考資料 - 資料/157:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-28 (月) 05:29:53 (4136d)