カルジャミ

Kalǰami

地域・文化:北アジア・ウイルタ


 別名:ハーン、ドゥワシュ。
 ウイルタの昔話のなかに現れる大男の怪物のこと。鬼。頭がとがっており、血を怖がり、テウクテというところを渡らない。また、人間の子供をさらって目鼻口にヤニを塗りつける。
 この怪物が腰に下げている袋もカルジャミと言い、そのなかには人間や獣の爪なんかが入っている。カルジャミを手に入れるとその人は幸福になれるが、爪などに触ると不幸になるという。

関連項目


参考資料 - 資料/29:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-28 (月) 05:28:07 (3630d)