イシャウサ

Ishausa

地域・文化:ブラジル・ボリビアのカヴィナとトゥムパサ


 自然の精霊の総称。人間の死霊はまた別に../チョキワと呼ばれる。

 どの動物の種にもそれぞれ守護してくれる特別の精霊が存在し、その精霊は人間の姿をとったり、その動物種の大きな姿で現れたりする。カイマンの精霊は尾が2つあり、亀の精霊は巨大で、蛙の精霊もまた巨大である。ペッカリーの精霊は人間を誘拐して自らの付き添いにすることを好む。猿の精霊は、狩人があまりに多くの猿の仲間を殺してしまわないように仕向ける。
 ある精霊は樹上に棲んでいるため、危険を回避することなしに木を伐採することはできない。川の精霊は女性をさらって食べてしまう。ゴムの樹の精霊は、強要されたわけでもないのに勝手に樹液を取っていく人間を罰する。気象現象も精霊によって引き起こされる。風は小さな少年でゴムボールを投げ、また雷も鳴らす。

関連項目


参考資料 - 資料/314:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-01-11 (火) 02:29:48 (3112d)