シャリート

šalīṭu
(šlyṭ)

地域・文化:ウガリト


 「暴君」、「力強きもの」*1
 海の怪物../トゥンナーンの形容辞。
 「七つの首あるシャリート」という文に現れる。
 シャリートという語の意味は、ヘブライ語のšlyṭ「力のある」、「支配者」*2など他のセム諸語からの類推&神に敵対して暴れまわる海の怪物という性質から「暴君」「力強きもの」あたりが妥当ではないかと考えられている。

 別の説としては、「とぐろ閉じるもの」という意味があるのではないかという説がある。これはトゥンナーンが蛇型の怪物であるという推測によるものだろう。それによれば原形は*šly/wṭで、アッカド語のlâṭu*3やヘブライ語のlûṭ「包む」などと語源的に関連しているのだという*4。また、もし語根がšlṭだとすればアッカド語のšalāṭu*5「長く切断する」と一致し、「怪物の首が七つの頭に"分裂する"ことへの言及になる」としている*6

関連項目


参考資料 - [[資料/


*1 資料/495:822.
*2 資料/496:1524.
*3 資料/CAD:L.113によればlâṭuは「制限する」「抑制する」「制御する」という意味があるらしい。蛇がとぐろを巻くイメージは、「抑制する」と似ていなくもない。
*4 資料/495:822, 資料/498:274.
*5 しかし資料/CAD:Š1.238には「制御する」「支配する」といった意味しか載っていない。アッカド語にはsalātuという語があるが、こちらは「切り裂く」という意味があるので([資料/CAD:S.94)、それと混同してしまっているのかもしれない。
*6 資料/498:274-75. 資料/498は結局この文をthe hydra wuth seven headsと英語訳しており、シャリートという語自体が怪物をさすのだとしている。この論文は1977年にWatsonが執筆したものだが、2004年にWatsonが英訳編纂して出版した資料/495では上記のように本文冒頭の定義を出しているところから見て、あまり受け入れられなかったようだ。前掲CADの出版も1989年で、研究が進んでアッカド語との対応もなくなってしまっというのもあると思われる。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-08-30 (土) 08:14:07 (3698d)