プタヒル

Ptahil
פתאחיל

地域・文化:マンダ教


 マンダ教における世界創造者(デミウルゴス)。語源はエジプトの職能神プタハ(Ptah)+神ilである。これは、エジプトが物質世界の代表であることを暗示しているとされる。たとえばエジプトが面する紅海(Suf-Sea)も、この世と神的世界の境界とされた。旧約聖書にあるイスラエルの出エジプト神話はこの世からの脱出を意味するものなのである。ソフ(終末)と音が似ているということから、紅海は「死の海」とまでいわれた。

関連項目


参考資料 - 資料/246:; 資料/346:367


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-10-09 (日) 18:38:59 (1506d)