ryš yhryʔ

地域・文化:マンダ教


 「朔日」(複数形)。
 マンダ教アラム語で書かれた祓魔文書にリストアップされている悪霊の一。「邪道の、冷酷にして争いの悪なるもの」と呼ばれている。文書によれば、悪霊はこの呪文によって大天使ガブリエルと「生命」(マンダ教の思考存在)の助けによって放逐されることになっている。
 時間の一定期間の擬人化らしい。

関連項目


参考資料 - 資料/470


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-10-09 (日) 18:42:11 (736d)