ヘテ

Haitai
해태

地域・文化:韓国


 ヘチ(해치)とも。
 もとは漢字の獬豸(ヘチ)。基本的には中国における獬豸と同じ性質で、正邪を見分ける能力を持つ聖獣である。北東に棲み、額の中央から一角をはやしている。

 韓国(朝鮮)においてヘテはもっとも有名な聖獣である。李朝時代は王宮正門の左右に石像がすえられ(ただし設置は1894年なのでかなり近年のことだが)、守護神の役割をになっていた。天帝の使いであり、神話時代は人間が裁けないような事例があるとヘテが地上に降りてきて善悪の是非を判断した。

 朝鮮半島における歴史は古く、5~6世紀ごろの古墳や墳墓におかれた一角獣の辟邪像がヘテ(あるいはその祖先)であると考えられている。

関連項目


参考資料 - 資料/514


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-28 (月) 05:21:53 (3804d)