竜とドラゴン

ウェールズのドラゴン

 ウェールズはブリテン島南西部にある地域。イギリス(連合王国)の中心であるイングランドに隣接してはいるが、民族的にはウェールズ人、あるいは自称カムリと言い、イングランド人やスコットランド人、アイルランド人などとは区別されて認識されていおり、サッカー協会も独立して存在している。現在の公用語は英語とウェールズ語で、住民全てが英語話者、数割がウェールズ語話者であるとされる。ウェールズ語はインド・ヨーロッパ語族ケルト語派に属すので、ウェールズは言語的観点から見るとケルトであるということができる。また、アーサー王伝説やマビノギはウェールズが中心となった神話伝説群である。
 そのウェールズの国旗が「赤いドラゴンとネギ」だ。
 参考:Googleのイメージ検索
 この国旗自体は20世紀になって公式に作成されたものだが、ウェールズにおける「赤いドラゴン」伝説の年代自体は少し遡ることができる。

赤いドラゴンと白いドラゴン

 モンマスのジェフリーが著した『ブリタニア列王史』(Historia Regum Britannie)には、この「赤いドラゴン」が人々の目の前に現れ、そして若きマーリンが「これはブリトン人の象徴である」と予言した、云々という物語が入っている。ただし以下の物語がウェールズ起源なのかどうかについては曖昧である。

 いろんな事情があって、ウォルティギルヌス王(Uortigirnus)はエリル山(Erir mons、スノードン山)に要塞となる塔を建てることにした。そして石工を集めて礎石を据え始めたが、いつまで経っても完成の目処はたたなかった。というのも、昼に建てたはずの部分が、翌日になると飲み込まれてしまっていたからである。ウォルティギルヌスは魔法使いたちを呼び出し、彼らに原因を尋ねた。すると、彼らは「父親のいない若者を探し求めてみつけ出したら、その若者を殺しモルタルと礎石に彼の地をまき散らすように」「そうすれば礎石が堅固に安定するのに役立つであろう」と進言した。
 王の使者たちは国中を探し回った。あるとき、使者の一人がカールメルディン(Kaermerdin、ウェールズのカマーザン)で「お前は父なし児だ」と罵倒されているメルリヌス(Merlinus)という少年をみつけた。そこで彼は大急ぎでメルリヌスと母親を王のもとへ送らせた。~
 王は母親に、少年の出生について正した。誰が息子の父親なのか、と。それに対して母は、
 「国王陛下、驚いたことに、わたしは誰とも関係を持たずににあの子を産んだのです。ただ、このことだけは覚えています。すなわち、わたしが仲間の修道女たちと一緒に寝室にいますと、実に美しい青年の姿をしたある人がわたしのところに現われ、やさしく接吻をするのです。その人はしばらくわたしと一緒にいたあとには、突然姿を消えてしまいますので、わたしは二度とその人の姿をみることができませんでした。また、わたしがひとりで座っていると、いく度となくわたしに話しかけますが、その姿は決して眼にみえません。そして、彼はこうして頻繁にわたしを訪れ、男の人がするようにこのわたしと結ばれまして、こうしてわたしは胎にあの子を身籠りました」
 魔法使いたちは、インクブス(性夢魔)が父親ではないかと王に言った。話が終わると、メルリヌスは王に近づいていってこう尋ねた。
 「なぜわたしとわが母親が陛下の前に呼び出されたのでしょうか」
 「わが魔法使いたちが要塞にその血をまき散らして安定されるため、父親のいない若者を探し求めるように余に進言したためである」
 「それでは、陛下の魔法使いたちをわたしの前にくるよう命令してください。そうすれば、わたしは彼らのいった嘘を証明いたしましょう」
 王は非常に驚いたが、とりあえず魔法使いたちをメルリヌスの目の前に座らせた。
 メルリヌスは、塔の下に何があるのかも知らず、適当に王に進言したのだろう、それとも、何がいるか知っているのか答ろ、と彼らに言った。魔法使いたちは恐れ、何も答えることができなかった。それからメルリヌスは王に対し、地面を掘り起こすように進言した。そこには池があってそれが地盤を不安定なものとし、さらにそこには二匹のドラゴンが眠っている、と。
 ウォルティギルヌスがその通りに掘らせてみると、二匹のドラゴンが出てきて炎を吐きつつ戦い始めた。その2頭のドラゴンは、片方は白く、片方は赤かった。始めは白いドラゴンが赤いドラゴンを追いつめたが、次第に赤いドラゴンが反撃をするようになり、白い方を追いつめた。王がこれはいったい何を示すものかメルリヌスに尋ねると彼は答えた。
 「白いドラゴンはサクソン人、赤いドラゴンはブリトン人を示している」
 このあたりの「予言」は修辞を凝らした長いものだが、要するにこの地はサクソン人に侵略されるが、最終的にはブリトン人が勝利する、ということになる。 第6巻第17章~第8巻第1章*1

東方起源

 ドラゴンをブリトン(ケルト系、先住者)とサクソン(ゲルマン系、侵略者)の象徴とするのは、実質的には『ブリタニア列王史』によって広まった解釈である。一部では、象徴としてのドラゴンは、両軍勢が、ローマ軍の使用していたドラコ軍旗を借用して紅白に分かれて使ったものが起源であるともされているが、『ブリタニア列王史』以前にケルトというかウェールズ側がドラコ軍旗を使用していたとする記録は存在しない。 cf. 竜と狼

アーサー王伝説

ドラゴンをかたどった軍旗は、アーサー王伝説や中世の絵画にも現れる。

[画像準備中]

旗幟を持つアーサーの騎士たち*2

 旗というよりは吹流しのような、竜旗。胴体は単なる蛇だが、頭部には耳があり、毛が生えていて、鼻は寸詰まり、全体的に狼というよりはネコ科の動物に近い姿をしている。ちなみにどこにも「これはドラゴンです」とは書かれていない。当時、実際に騎士たちがこのような旗を持って戦争をしていたわけではなく、古代ローマ時代の記憶がこの絵画に反映されているのだとされている。


 王の父親にあたるユーサー・ペンドラゴン(Uther Pendragon, Uthr Bendragon, Uterpendragon)はその名前にドラゴンが入っていることからしてもウェールズ地方でのドラゴンと軍、または権力とのポジティブな関係が想定される。
 ペンドラゴン、あるいはベンドラゴンのPen, Benはウェールズ語で「頭」という意味で、ドラゴンのほうはそのまま「ドラゴン」であるという説と「先導者」という説が想定されている。それを組み合わせると「ドラゴンの頭」または「先頭に立つ先導者」という名前になる。

『ブリタニア列王史』では、ペンドラゴンという名の由来は次のように語られている。まず、ウーテルが敵と戦争しているとき、「驚くほど巨大で明るいひとつの星が現われ、ひときわ煌めく一条の光を発していた。しかし、その光の先端には竜の姿に似た火の玉を撒き散らし、その竜の姿をした火の玉からはふたつの光線が放射していた」(第8巻第14章)*3。この星は三度現われ、人々もウーテルも恐れおののいた。ウーテルがメルリヌスを呼び出して説明を要求すると、彼は、この星はウーテルの兄にしてブリトン人の王であるアウレリウス・アンブロシウスが亡くなったこと、至急ウーテルが敵を攻め込めば、全ブリタニアの王となることを告げた。あの星はウーテル自身のことであり、また彼の子孫のことだったのだ(第15章)*4
ウーテルはその後ブリタニアの王になった。そして、星の光のなかにみえたドラゴンに似せて、二つの黄金のドラゴンを作るように命じた。それが完成すると、一つをグウィントニアの司教座の教会に献納し、もう一つを肌身離さず持ち歩くためとっておいた。そのため、彼はウーテル・ペンドラゴンと呼ばれるようになった。これはブリトン語で「ドラゴンの頭」を意味するものだ、とジェフリーは述べる。「彼がこのような呼び名を得たのは、メルリヌスはウーテルが竜によって王位に就くことを予言したからである」(第17章)*5

 物語の中では、ユーサー・ペンドラゴンは兜にドラゴンの彫刻をしていた。そしてその息子であるアーサー王もまた、ドラゴンの彫刻を兜にほりつけていた。ドラゴンは槍の先につけた軍旗から騎士の頭へと降りてきたのである。
 『ブリタニア列王史』には次のようにある。アーサー王が武装する場面。カリバーンなどの有名な剣も顔を見せるのでそこを以下に紹介しておく。
 アルトゥールス自身はかくも偉大な王にふさわしい甲冑を身につけて、ドラゴンの像が彫られた黄金の革の兜で頭上を覆った。そして、彼の両肩にはプリドウェンと呼ばれる丸い楯をかけたが、その楯の上には主なる神の御母である聖母マリアの姿が描かれていた。そのため彼は聖母を絶えず心に思い描いていたのである。さらに、アルトゥールスはアヴァロンの島で鋳造された比類のない名剣カリブルヌスを帯刀していた。そして、ロンという名で呼ばれた槍が彼の右手に握られていた。この槍は切っ先が鋭く幅も広くて殺傷にまことに適していた。(第9巻第4章)*6

かなり時代は下るがシェイクスピアの同時代人であるエドマンド・スペンサーの『妖精女王』(Faerie Queene, 1596)第1巻第7篇の31には次のような描写が見られる。

一面に黄金の彫刻がしてあるその高い兜は
燦然たる輝きと大変な恐れの両方を生み出していた。
というのは一匹の竜が、兜の前立てを足で
しっかりと抱き込み、その上に黄金の翼を
広げていたからである。面頬の上に
ぴったりと顎をつけた恐ろしい頭は、
真っ赤に輝く炎を燃える口から吐いているように見え、
気の弱い者はすぐに怖気づくほどで、
それに、鱗のついた尾が背中のずっと下まで延びていた。((和田勇一、福田昇八(訳)『妖精女王I』p.195.))

 スペンサーによればアーサーの兜に彫り付けられたドラゴンは、(1)足がある。(2)翼が生えている。(3)炎を吐く。(4)鱗のある尾は長い。という特徴を備えている。

 具体的にどういうものか? アーサー王ではないがhttp://digi.ub.uni-heidelberg.de/sammlung1/cpg/cpg359.xml?docname=cpg359&pageid=PAGE0113にそれっぽいのがある。


 この竜旗はあまり悪魔や地獄などと関連付けられることはないが、フランスの武勲詩『ローランの歌』(12世紀前半)113には例外的にサラセン人(イスラム教徒。作中では多神教であるとされている)が竜旗を掲げているという描写が見られる*7
 ただし、『ローランの歌』は徹頭徹尾キリスト教徒であるローランたちの側にたっており、異教徒側にあるサラセン人たちは悪魔のように残忍で容赦ない存在として描かれている。だからこの叙事詩はある意味キリスト教の宣伝文書のような役割も果たしているわけで、そのような文脈のなかで竜(ドラゴン)が異教徒の旗として使われていてもあまり不思議ではない。
 竜旗とは無関係だが、「蛇、大蛇、竜」が死者をむさぼり食うという描写も『ローランの歌』のなかにある(どこだか忘れた)。


*1 瀬谷幸男, 2007, 『ブリタニア列王史』pp. 173-212.
*2 MS Paris, Bibliothéque Nationale fr. 95, fol. 173; リトリトン、マルカー『アーサー王伝説の起源』p.53
*3 『ブリタニア列王史』pp. 229-231
*4 Ibid., pp. 230-231
*5 Ibid., p. 232
*6 『ブリタニア列王史』p. 255.
*7 佐藤輝夫(訳)「ローランの歌」『中世文学集II』p.117

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-06 (土) 08:01:52 (3571d)