竜とドラゴン

エヌマ・エリシュ

物語

 バビロニアの創世叙事詩『エヌマ・エリシュ』(Enūma Eliš, イシン第二王朝(前12世紀)以降成立)によれば、

 まだ何も創造されいなかったとき、世界にはアプスーとムンムとティアマトだけがいた。
 これらの混交からラハムとラハムが生まれ、次にアンシャルとキシャルが生まれ、そしてアンシャルからアヌが生まれた。アヌはエアをもうけ、そしてその他の神々も誕生した。しかしこれら若い神々は非常に騒がしく、祖父母に当たるティアマトとアプスーを日々悩ませていた。
 ある日(そもそも日付があったかどうか微妙なところだけど)、アプスーは召使のムンムに相談し、騒がしい自らの子孫たちを滅ぼすことを決めた。ティアマトはかわいい孫たちを殺すことに反対したが、アプスーとムンムの決意は変わらなかった。しかしこの計画を察知した知恵の神エアは結界を作ってほかの神々を守り、呪文でもってアプスーを眠らせた。眠ってしまったアプスーはもはやエアの敵ではなく、彼はこの淡水の神を軽々と殺してしまった。

 エアは自分の部屋をアプスーの上に作り、そこで妻ダムキナとの間にマルドゥクをもうけた(ダイメル版ではアッシュール)。子供ができたエアは大いに喜び、マルドゥクに他の神々の二倍の神性を与えた。彼の目は2つではなく4つ、耳は2つではなく4つである、というように。マルドゥクはアヌから4つの風を与えられ、それで遊んでいたが、やはり非常に騒がしく、今度もまたティアマトをいらだたせてしまった。かわいい孫たちとはいえ夫を殺された恨みがありさすがにこれ以上我慢が出来なくなったティアマトは、恐れを知らない11の怪物を生みだし、彼らに神性を与えた。そして息子にして二番目の夫であるキングに対しては天命のタブレットを与え、この軍隊の総司令官としたのである。
 ティアマトの動向はエアに伝わり、エアやアンシャルは対応に苦慮する。ティアマトはどの神々よりも力が強く、「ティアマトに手向かっても生きて帰れそうもない」とアンシャルは言う。しかたなく、彼はマルドゥクに戦闘を命じることを決定した。マルドゥクは喜んで戦うことを引き受け、かわりにすべての神々よりも地位を高くすることを神々に約束させた。

 マルドゥクはアヌからもらった4つの風に加えて多くの悪風を従え、嵐の車に乗り、さまざまな武器で武装し、ティアマトの軍隊と対峙した。マルドゥクはキングを睨み、彼の歩みをもつれさせた。マルドゥクの恐ろしさに、他にティアマトのもとに参上していた多くの神々もひるんでしまった。弱小の神々が退き、マルドゥクとティアマトは直接対決する。ティアマトは彼のほうを見向きもせず呪文を投げつけ、マルドゥクら神々を侮辱した。マルドゥクはその侮辱に対しティアマトを言葉で挑発した。「さあ、かかってこい」
 ティアマトはその言葉を聞くと我を忘れて、マルドゥクを呪って彼へと突進してきた。マルドゥクはティアマトに網をかけ、風を送り込んだ。ティアマトはその風を飲み込もうとしたが飲み込みきれず、そのまま口が開いた状態になってしまった。彼は口の中に向かって矢を放ち、その矢はティアマトの内臓を引き裂き、心臓を射抜き、この原初の女神を殺した。
 ティアマトに従っていた神々は網で捕らえられ、怪物たちは縛り上げられ、マルドゥクの足元に踏みつけられた。

 マルドゥクはティアマトの死体を眺めていたが、しばらくしてそれから天地を作り出すことを思いついた。彼女の体の半分は天になり、彼女の体内の水が雨として地上に降り注ぐようになった。残りの半分は大地となった。ティアマトの頭の上には山が創られ、両眼からはティグリス・ユーフラテス川が流れるようになった。乳房はとくに立派な山となり、そこに大きな泉が空けられた。尻尾は天の「最高の結び目」につなげられ、太ももは天を固定した。こうして世界が創造されたのである。

ティアマト(Tiʾāmat)

 ティアーマトとも表記する。間違ってもティアマトーにはならない。
 タワワト、フブル、ティワワト、タムト、タムテ(シリアのダマスキオスの資料による)、タウテ(ベロッソスの資料による)とも呼ばれる。語源はティアムトゥム(tiamtum「海」)。塩水の象徴である原初の女神。「淡水」の神アプスーと対であるが、たびたび「一緒になって混ざっていた」という。

 ティアマトは原初の水の女神であり、よく「ドラゴンだ」とされることがあるが、これまでにティアマトが実際に蛇に似た姿をしているとある文書や美術が見つかったことはない。参考: ティアマトはドラゴンか
 新年祭や新バビロニア時代の注釈によれば、ティアマトには尾に加えて角も複数生えているらしい。
 また、恒星デネブカイトスのあるくじら座の怪物がティアマトだとされることもあるが、当然何の根拠もないはず。あれに固有名詞はなく、ケトス(Ketos。鯨のことだが、怪物的に想像された)と呼ばれている。ただし、月の模様がティアマトだとされたことはあるらしい。

山から海へ

戦闘神と怪物ページにみる(予定)のように、シュメール時代以来、英雄/戦闘神と対立する存在は「海」ではなく「山」(Kur)だった。神々のみならず、シュメール人にとっても「山」とは敵対民族が侵略してくる領域であり、一般的な意味でも「山」は悪性の代名詞として考えられていた。それが『エヌマ・エリシュ』では「海」になり、「山」は面影を全く見せていない。
 創造神話としての『エヌマ・エリシュ』という枠組で考えてみると、原初のときに世界に存在したのが山ではなく海(水)だったというのは、世界各地における創造神話において同様の描写が見られることから納得できなくもない(ただし、それがメソポタミアでどうだったのかは別問題だ)。しかしその「海」が敵対的な存在、退治されるべき存在として現れるにはもう一段階必要である。
 このことについてはソーキルド・ジェイコブセンが1968年に、確固たる証拠はないものの推測としてシリア地方(東地中海沿岸)の影響が見られるのではないかと論じていた。それ以来うやむやのままだったこの問題だが、シュメール時代からアッカド時代にかけてメソポタミアとシリア地方の境界に位置していたマリという都市から出土した前18世紀のアッカド語文書(マリ文書)に、その謎の手がかりとなるかもしれない儀礼文書が入っていた。そこには、敵対的な存在として神話的な「海」が描かれていたのである*1
 時代は400年ほど下るが、シリア地方ではヤム・ナハル(ウガリト)やレヴィアタン(ヘブライ)のように、海は神々に敵対的な存在として認識されていた。かりにマリ文書の時代にも既にそのような認識が存在していたとすれば、それが何らかの神話とともにメソポタミアに伝播し、それが『エヌマ・エリシュ』において海=ティアマトが敵対的存在として認識される一因となった、というふうにも考えられるのである。

ギリシア語史料におけるエヌマ・エリシュとティアマト

ダマスキオス

ダマスキオス『第一の諸始原についてのアポリアと解』第1巻には、エヌマ・エリシュと思しき神話が紹介されている。

 宇宙の原初には、タウテとアパソーンという一対の存在がいた。アパソーンはタウテの夫で、タウテは神々の母と呼ばれた。この2人からモーユミス(またはムミス)という子供が生まれた。(ダマスキオスは、モーユミスを2つの原理(タウテとアパソーン)から生まれた思惟世界(νοητὸς κόσμος)のことではないか、としている)。さらに生まれたのはダケーとダコス。そして彼らからキッサレーとアッソロス、そして、それからアノス、イッリノス、アオスが誕生した。アオスとダウケーの間に生まれたのがベールであり、世界の創造者であるとされる。

 この物語はほとんど『エヌマ・エリシュ』と同じで、タウテとはティアマトのこと。アパソーンはアプスーのこと。以下、ムミス/モーユミスはムンムー、キッサレーはキシャル、アッソロスはアンシャル、アノスはアン、イッリノスはエンリル、アオスはエア、ダウケーはダムキナ、ベールはマルドゥクである。残るダケーとダコスはΔαχήとΔαχόςであるが、もしこの冒頭のΔがΛの写し間違いだとするとラケーとラコスになり、それぞれラハムとラフムのことになる。

ベロッソス

 バビロニアの神官ベロッソスの『バビロニア誌』(ギリシア語で伝わっている)によれば、原初のときは、すべてが闇と水におおわれていた。そこから、まず、奇妙な姿の怪物たちが誕生した。

  • 翼のある人
  • 4枚の翼で2つ顔がある人
  • 男女双頭で両性具有な人
  • 山羊の角と脚がある人
  • 馬の脚がある人
  • ケンタウロスのような人
  • 人面の牛
  • 魚の尾に4つの体のある犬
  • 犬頭の馬
  • 頭と体が馬で、尾が魚
  • その他様々な生き物
  • ついでに魚、トカゲ、蛇、などなど。

 これらの怪物たちは、ベールの神殿に飾られている。彼らを支配していたのがオモルカという女である。オモルカはカルデアの言葉ではタムテというが、これは「海」という意味になる。
 ベールはこの女を2つに切り裂いた。そして片方を大地にして、もう片方を天空にした。さらに、彼女のなかにいた怪物たちも壊した。

 ダマスキオスと同じくベロッソスも『エヌマ・エリシュ』についての詳細をかなりの程度そのままに残している。怪物たちのリストは『エヌマ・エリシュ』とは異なるが、これは実際にマルドゥク(ベール)の神殿に彫られていた怪物たちの彫刻や壁画を参考にしたからだろう。


*1 このことについては詳述予定。Abraham Malamat, The Cultural Impact of the West (Syria-Palestine) on Mesopotamia in the Old Babylonian Period, Altorientalische Forschungen 24.2(1997): 313-15.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-19 (日) 19:29:40 (4042d)