竜とドラゴン

『チラム・バラムの書』

マヤ族の神話文書『チラム・バラムの書』に「カンヘル」(Canhel, Cangel)という超自然的存在が登場する。一部の注釈では、カンヘルとは「竜」にあたる存在だとされているが、原文が難解だということもあり、具体的にはどのようなものかわからない。現代日本では、苑崎透『幻獣ドラゴン』(1990)に登場したおかげでドラゴン(ファンタジー)界隈で名が知られるようになった。

 少なくともPedro Beltran de Santa Rosa Maria, 1859, Arte del idioma Maya, reducido a sucintas reglas y semilexicon Yucateco, Segunda edicion, p. 228の時点でcanheldragonだという解釈はあったようである。ただ、その根拠はよくわからない。
 現在の研究水準では、カンヘルをドラゴンとするのはどうも微妙な説だ、ということになっているような感じである。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-30 (月) 12:29:45 (2239d)