竜とドラゴン

チベットの竜

 チベットでナーガのことをル(klu, ཀླུ)という。仏教系の資料においては、ナーガを翻訳するときにルになるだけでなく、ナーガを含む固有名までもルに翻訳された(たとえば龍樹ことナーガールジュナ→klu-sgrub)。
 有名なイェシュケの『蔵英辞典』(1881)にルの項目がある。著作権は切れているはずなので、訳してみましょう。
 「起源的にはインドコブラのことだが、チベットでこの意味で使われることはなく、子供でも知っていて信じている神話的な意味がある。すなわち蛇の妖怪であり、頭は人間だが胴体は蛇という半神であり、泉や河川などに棲んでおり、莫大な財宝を見守り、雨を降らせ、さまざまな疾患をもたらし、怒らせると危険な存在になる。というわけで、γdúg-paはこの手の妖怪にあてられる普通の形容語である。klui skadはプラークリット語を意味し、klui yí-geはサンスクリット語のナーガリー文字を、つまり聖なるlandza, lhai yí-geとは対照的に、チャルットゥラと呼ばれる文字を意味する。klui γnod-paまたはskyon:原因不明の病気。klu-mo:女の蛇の妖怪。」」(p. 8)

 私は最初、チベット語のkluは中国語の竜longに似ているから同一語源か中国語からの借用だと思っていたが、実は全然そうではなかった! ものの本によるとチベット語の「ル」の語源は、中国語の「ロン」の語源同様、よくわかっていないらしい。中国語との語源的関連を想定する説としては次の二つがある。

  • 角のある竜「虯」(音読みキュウ、後漢時代giuないしkiu、古代中国語再建形も同じ)との関連。サウス・コブリンはこの語とチベット語のル(klu)を比較している*1
  • 「蛟」(音読みコウ、後漢時代kau、古代中国語再建形*krâu)との関連。アクセル・シュスラーは、ビルマ語の「人魚、蛇」を意味する語とともに、チベット語のル(klu)を比較している。「しかし古代中国語とチベット・ビルマ語は音声学的に離れている」とも注記している*2

ル・モ

ドゥク

 インドのナーガの訳語にkluが当てられているのに対して、中国語の竜に対して当てられているのはドゥク(ʼbrugまたはḥbrug, འབྲུག)である*3。ドゥクは雷と深い関係がある。というか、イェシュケやダスのチベット語辞典では第一義が「雷」、第二義が「竜」となっている*4。また、雷のことをドゥク単独ではなく「ドゥクの咆哮(音)」(ʼbrug-sgra, ʼbrug-skad)ともいう*5
 ドゥクと竜の対応は「竜」だけではなく十二支の「辰」にも及んでいて、この中国起源の暦を使うとき、チベットではドゥクという現地語が当てられた。初期の例としては、たとえば吐蕃時代(600-860)にチベット語へ「パラフレーズ」された『尚書』では、壬辰という語がchu-bo-ʼbrug「雄の水・竜」と訳されている*6

 なお、この単語は中国語やチベット語などシナ・チベット語族の祖先にあたるシナ・チベット祖語においては共通だったと考えられている(歴史言語学的にシナ・チベット祖語を認める場合)。

 チベット語の方言にあたるゾンカ(語)が公用語になっている国ブータンは、自称「ドゥク・ユル」である。これは「竜の国」という意味であり、「竜」に当たるのがドゥクで、ローマ字ではdrukと綴る。これは上記チベット語のローマ字表記が逐字的な転写なのに対して、drukが音声に対応した翻字になっているからである。ただし発音上は音節末の-kがなくなって「ドゥー」(druː)となる*7
 英語版Wikipediaなどを見ていると丁寧にdrukがthunder dragonと翻訳され、日本語Wikipediaでもそれを訳した「雷竜」という語が当てられている(ほかの多くのページでも)。しかし、もともと漢字の竜はチベット語のʼbrug ~ drukと同じく雷と深い関係があるわけだし、それに語源的にも同一だと考えられているのは上述したとおりである。だからドゥーを「雷竜」というのは、英語圏でdragonと「雷」との関連が薄いからといってthunderを付け加えているのに引きずられた過剰翻訳というべきだろう。

チベット・ビルマ諸語の「竜」

 文字通りチベット語とビルマ語が含まれ、シナ・チベット語族の漢語以外を含む大語派であるチベット・ビルマ諸語50あまりにおいて基本単語がどのように発音されているのかをリストアップした『蔵緬語語音和詞彙』に「竜」の項目があるのをみつけたので(p.492)、ここに丸写しにしてみる。
 「言語名」は原書にあった中国語表記。カッコ内は方言。語は「文語」とある以外、おそらく発音を表記したもの。文字の肩についている数字は声調記号。備考欄には、言語名が日本語でいうどの民族や言語、地方の方言にあたるのかを書いた。チベット語やビルマ語などを除いてマイナー言語ばかりなのであまり見ていても面白くないかもしれない。そのうち言語系統樹に則ってレイアウトを変更する予定。また、発音の正確なところがわかればカタカナ表記もする予定。

言語名民族など備考
蔵文語ɦbrugチベット文語
蔵語(ラサ)tʂuʔ¹³
錯那門巴語bruʔ⁵³メンパ族
墨脱門巴語bruʔ
僜語(達譲)bu³¹ɹuɑ³⁵Digaru
珞巴語(義都)bɯ³¹ ɹuɑ³⁵ローバ族、ミドゥ
羌語(麻窝)bəʴkチャン族
蔵語(徳格)ndʐuʔ⁵³カム地方
蔵語(夏河)ndʐəkアムド地方
蔵語(沢庫)mdʐək
爾龔語mbʐuErgong
木雅語ndʐu³⁵ムニャ族
扎巴語ndʐu⁵³ジャパ語
貴瓊語ndʐu³⁵グイチョン語
独龍語dʑŭʔ⁵⁵トーロン族
普米語(桃巴)bʐo⁵⁵プミ族
爾蘇語(甘洛)rɩ³³dzɛ⁵⁵アルス語
納木義語əʴ⁵⁵dʐa³³ナムイ語
羌語(桃坪)χbə²⁴¹
土家語phu³⁵トゥチャ族
史興語mɐ³³dʒuɛ⁵⁵シヒン語
阿昌語mʐui⁵⁵tʂuŋ³¹アチャン族
載瓦語man⁵¹tʃum⁵¹アツィ語
浪速語mɔ̃³¹tʃauŋ³⁵ランス語
僜語(格曼)tɯ³¹mɑ̆uŋ⁵³Midźu
彝語(喜徳)l̩(u)³³, ᶊɩ⁴⁴ko³³イ族
彝語(大方)lɒ³³
彝語(南澗)lu²¹
彝語(南華)lu²¹
彝語(弥勒)lo²¹
彝語(墨江)lo³³
拉祜語lɔ⁵³ラフ族
傈僳語lu³¹リス族
納西語(*江)lv³¹ナシ族
納西語(永宁)mv³³, bv³³, ʐv⁵⁵
怒語(福貢)lu³¹ヌー族
怒語(碧江)liu³⁵
白語(碧江)lu²¹ペー族
白語(大理)nv²¹
白語(剣川)nv²¹
景頗語pɑ̆³¹ʒen³¹ジンポー族(カチン)
哈尼語(碧卡)pi̠³³jɔ³¹ハニ族、アカ族
哈尼語(哈雅)be³³jɔ³¹
哈尼語(豪白)pi̠³³ʒu³¹
基諾語pu³³xo³³a³³mɔ³³ジーヌオ
嘉絨語(梭磨)ta rmokジャロン
普米語(箐花)ɕi⁵⁵
緬文語nɑgɑ³ビルマ文語
緬語(仰光)nɑ⁵³gɑ⁵⁵ビルマ語
西夏語[山/鬼]西夏文字

cf. http://ir.minpaku.ac.jp/dspace/bitstream/10502/1566/1/SER39_006.pdf


*1 W. South Coblin, 1986, A Sinologist's Handlist of Sino-Tibetan Lexical Comparisons, p. 130, cited in ABC Etymological Dictionary of Old Chinese, p. 435.
*2 Axel Schuessler, 2006, ABC Etymological Dictionary of Old Chinese, p. 308.
*3 たとえば、Robert Beér, The Encyclopedia of Tibetan Symbols and Motifs, p. 63-65.
*4 H. A. Jäschke, 1881, A Tibetan-English Dictionary, p. 401. チベット文字綴りもこの辞典を参照した。
*5 Toni Huber and Poul Pedersen, 1997, 'Meteorological Knowledge and Environmental Ideas in Traditional and Modern Societies: The Case of Tibet', Journal of the Royal Anthropological Institute(new series) 3(3): 592; 李方桂(Fang-Kuei Li), 1962, 'A Sino-Tibetan Glossary from Tuh-huang', T'oung Pao, Second Series, 49.4/5: 264-65.
*6 W. South Coblin, 1991, 'A Study of the Old Tibetan Shangshu Paraphrase, Part I', Journal of the American Oriental Society , 111.2: 303-322; Part II (Journal of the American Oriental Society 111.3), p. 526.
*7 Martine Mazaudon and Boyd Michailovsky, 1988, 'Lost Syllables and Tone contour in Dzongkha', Prosodic Analysis and Asian Linguistics: to Honour R. K. Sprigg = http://hal.inria.fr/docs/00/05/96/18/PDF/DZONGKHA.pdf, p. 12.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-05 (木) 21:12:28 (3391d)