竜とドラゴン

ウガリット神話のドラゴン

ヤム (Yamm)

リタン (Lītān)

 以前はロタン(ローターン)と読まれていた。
 そもそもウガリトの言語には母音だけを表現する文字が存在しなかったため、発音がわかっている現存の同系統の言語(セム語)や古代の他言語による転写を参考にするなどして母音を決定する。そしてその研究は今でも発展中である。リタンの場合「LTN」という3文字がもとになっていたので、昔はロタンと読まれていた。しかし1982年、ある小論で、レヴィアタン(聖書ヘブライ語だとリウヤーサーン)との歴史言語学的関係から、リタンのほうがいいという結論が提示された。そして現在にいたる。

 神話『バアルとモート』は、バアルが宿敵ヤムを打ち倒し、主権を保証する神殿を建てた後の物語である。バアルは有頂天になり、死神モートさえも祝宴に招こうとした。しかしモートはそれを拒否し、二人は対決することになる。モートがバアルの使者を脅迫する場面で、バアルがリタンを打ち倒したことが語られる。しかし、ほかのところでリタンがヤムやモートのように主役級の存在として登場しているわけではないので、正確なことはよくわかっていない。ここでモートの語るところによれば、リタンは曲がりくねる「蛇」であり、7つの頭を持っている「暴れもの」である(なお、『古代オリエント集』では「暴れもの」がそのままシャリートと音訳され、固有名詞のように扱われていた)。

リタンはヤムの別称なのか?それとも独立した怪物なのか?

 バアル神話のここの部分は、実は素人には解釈が難しいところでもある。バアルはいいとして、バアルが倒した敵というのがどれかよくわからないのである。それはこの神話に顕著に見られる「対句法」によるところが大きい。例えばヤムは「王子ヤム、裁き手ナハル」と呼ばれているのがそれだ。ヤムは海でナハルは川だが、ここでは両方とも神格化され固有名詞となり、さらに対句法で表現されているため、同じ神格の2つの呼び名だと理解することができる(つまりヤム=ナハル)。しかし川と海が別物であるように、対句法で表現される名前がどれも完全に同じものを意味しているとは限らない。
 そしてリタンもほとんど対句法のなかでのみ現われるのだ。まず「逃げる蛇リタン」というフレーズから、神話のなかでは蛇(バシャン)とリタンが同一視されていることがわかる。そして上記のようにリタンは7頭で、「曲がりくねる」とされている。別の部分でも「曲がりくねる蛇」「7つ頭」をバアルが滅ぼしたとあるが、ここには「竜」((トゥンナーン)に口輪をはめた、というフレーズも追加されている。さらに、ヤムとナハルさえ追加されている。トゥンナーンと蛇が対語であると同時に、ヤム=ナハルとも対語とされているのである。ここの表現からは、トゥンナーンと蛇=リタンが対語となり、さらに海神ヤム=ナハルと何らかの関係があることがわかる。しかし、トゥンナーンと蛇=リタンがヤム=ナハルと同一の存在だったのか、それとも従者的存在だったのかは、知られている文脈からだけでは判断することができない。もし前者だとすればヤム=ナハルはトゥンナーンの姿をした海神であるということになる。ついでに、トゥンナーンと蛇についても、それが同一の存在の2つの呼び名なのか、別の怪物なのかについて判断することはできない。「7つ頭」がトゥンナーン(竜)なのか蛇なのかもわからない。普通の感覚で考えると7つ頭もあればそれは竜じゃないかと思うのだが、上記のようにリタン=蛇は7つ頭だとされている。

 リタンはヘブライ人の手によって聖書の『詩篇』『ヨブ記』『イザヤ書』などに導入された。とくにイザヤ書においては「逃げる蛇」「曲がりくねる蛇」というほぼ同じフレーズや、「海にいる竜」と並置されているところの類似点などが指摘されている。聖書もこの種の対句法が多い。

トゥンナーン (Tunnān)

 ウガリト文字からの音写はtnn

 日本語には「竜」、英語には"dragon"と訳される怪物。ヘブライ語のタンニーン、アラビア語のティンニーンと語源は同じで、どれも英語でいうドラゴンのような、蛇型の神話的な動物を意味する。ウガリト神話においては、二つの尾を持っている蛇型の怪物らしい。
 トゥンナーンとリタンとヤムのややこしい関係については上記を参照。ここでは、単純に解説する。
 神話『バアルの神殿』では、トゥンナーンは戦闘女神アナトに退治された怪物のうちの一つとして語られている。アナトは、トゥンナーンに「口輪」をはめて静めたという。また、場合によっては次の行にある「曲がりくねる蛇」で「7つ頭」の怪物であり、滅ぼされた怪物であると読み取ることもできる。
 その続きの神話『バアルとモート』の最後の部分にあたる太陽女神シャパシュへの賛歌では、工芸神コシャル・ハシスに、海に棲むアリシュとトゥンナーンを「射てしまえ」という表現が見られる。つまり、コシャル・ハシスもまた、アナトと並んでトゥンナーンを退治する神だとされている。ここでは過去形でないので、まだ海にはトゥンナーンが棲息していると考えられていたのかもしれない。
 また、別のテキストによると、バアルに退治されたことがほのめかされてもいる。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-11-01 (木) 04:27:09 (4912d)