竜とドラゴン

古神道

 「古神道」とは、平田篤胤の時代から戦前にかけて隆盛した神道の一派である。
 江戸中期に至るまで、一定の教義を備えた神道の各派(伊勢神道、吉田神道、垂加神道など)は、その実仏教や道教など他宗教からの影響を相当に受けて成立していた。というか、仏教以前に日本列島にあった宗教と日本仏教が習合した結果がいわゆる「神道」と呼ばれるものだった(この状況については、ヤマタノオロチの中世神話の解説を参照)。このようにきわめてシンクレティズム的宗教だった神道に対し、江戸中期、「仏教渡来以前」の神道、いわば純粋なかたちでの神道をよみがえらせようという動きが盛んになった。賀茂真淵、本居宣長らの国学運動がそれである。彼らはこれまで等閑視されてきた『古事記』を自らの研究対象として据え、「漢心」に対する「大和心」の復権を目指したのである。
 ただし、宣長は死後の存在や精神の構造、宇宙論といった霊的な問題については深く立ち入らなかった。

 しかし、彼の弟子だった平田篤胤は師匠のそのような態度が気に入らず(なにせ批判すべき仏教や道教、陰陽道などは「霊的な」問題についてシステマティックに思考し、構造化していた)、自ら、キリスト教における聖書がそうであるように、『古事記』を聖典として、彼が考えるところの「仏教以前の」神道思想を「復古」しようとした。しかし、それは「復古」といっても決して現在の観点から見て(文献学的にも思想史的にも歴史学的にも)まともな手続きを踏まえたものとは言えず、むしろ「復古」と称して仏教思想に対抗しうる精緻な宗教思想を新たに組み上げたもの、といったほうが正確な思想システムだった。
 しかし、そんなことは彼らにとって副次的な、あるいはどうでもいい問題だった。なぜなら彼らは学者であると同時に宗教理論の実践者でもあり、場合によっては神々から直接宇宙の真理を明かされ、それを記述して世に広める立場にあった(と思っていた)からである。
 時代はおりしも幕末へと突き進んでいた。西洋近代思想の膾炙、時代の終焉の予感は日本の思想状況を一変させた。幕末から明治期にかけて、「世直し」的な新興宗教が次々と現れ(日本の宗教学ではこれを新興宗教と呼ぶ)、あるいは帰神(神が憑依すること。どの神かを判断する人を審神人(さにわ)という)によって新たに教典が次々と世に出ては、場合によっては当時最先端の進化論や素粒子物理学とのすりあわせが行なわれたり(荒深道斉など)、世界地理や古代文化に対する再解釈が行なわれたりもした(木村鷹太郎、酒井勝軍など)。

 国家神道の動向も重要である。日本を日本たらしめる存在としての固有信仰、そして大祭司たる天皇とその下にある臣民という構図が中央集権的帝国の公的制度として構築された。「神国日本」というわけである。しかし政府は国家神道を宗教とは認めなかった。平田篤胤以降展開されてきた古神道は、片やその「オーソリティ」が制度維持の理由付けに利用されはしたが、言霊や鎮魂法、行法論などの霊学的側面は公には封印されてしまったのである。大本教に対する弾圧のように、あるいは数多くの発禁本処分に見られるように、あまりにファナティックで国家神道の枠からはみ出てしまうような思想は、それはそれで危険だったのだ。
 とはいえ古神道側だって日本を悪く言おうと思っているわけではなかった。ただ、超皇国主義とでもいうべき、当時でさえ誇大妄想であると思われるような「日本は世界の中心論」を展開しただけである。曰く古代日本は世界の首都だった、日本で人類が発生した、日本人が全人類の祖先、世界は日本から作られた、世界文学は日本文学のパクリ、神話も同様、などなど。そうしたことを証明するために、ときには万世一系たる皇統を大幅に増築してみたり、記紀の裏で隠蔽されたという古文書を「発見」してみせたりするわけである。

 ようやく神国日本幻想まで辿りついたわけだが、おそらくこのページはこの思想がベースになった神話を取り上げる予定である。

参考文献

  • 豊島泰国「秘教的日本論」『古神道の本』pp. 142-43
  • 長山靖生「ゴジラは、なぜ『南』から来るのか?」『怪獣学・入門!』pp. 22-23

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-10-16 (火) 21:50:43 (4411d)