竜とドラゴン

漢字の竜

伝統的通釈

 最古の漢字辞書『説文解字』には「龍」のところに以下のようにある。

 象形。鱗ある生き物の長。暗くしたり明るくしたりでき、小さくなったり大きくなったり、短くなったり長くなったりできる。春分の日に天に昇り、秋分の日に淵に潜る。肉にしたがい飛ぶ形であり、童を省略したのが龍の音である*1

 この「肉」というのは龍という字の月の部分で、右側の部分(旁)が「飛ぶ姿」のこと。童は、文字の左側の「立」が「童」の省略したものであり、龍の音がそれに従うということだが、どうもその意味がはっきりしない。白川静はずばり「童とは何の関係もない」と言っている*2。甲骨文字を見るかぎりこの判断は正しいように思われる。

竜と龍

 中国や台湾と異なり、日本ではリュウを表すのに竜と龍の二つの文字が使われている。建前上龍は竜の旧字体であり、竜は常用漢字だということになっているのだが、現在、旧字体(正字)を使うという主義の人や中国文学関係の文章を除くと基本的に日本では常用漢字を使うのが慣例になっているのにもかかわらず、リュウについてはなぜか竜ではなく龍のほうが用例が圧倒的に多い。リュウに関する書籍を見てみても、『龍の話』、『龍の百科』、『世界の龍の話』、『アジアの龍蛇』、『龍の棲む日本』、『アジア遊学28 特集:ドラゴン・ナーガ・龍』と龍ばかりである。のみならず他の中国や仏教関連の書籍を見ても龍の表記ばかりだ。数少ない例外として中公文庫の『中国の神話』、『中国の神話伝説』、平凡社ライブラリーの『山海経』などが竜表記なぐらいである(今、手が届く範囲の本を見ただけなのでまだあるとは思う)。
 竜という字はそれほどまでに人気がない。龍という字のほうが画数が多くて四角くどっしりとしている。竜だと尻尾みたいなののバランスがわるい。それに龍は旧字体だから歴史も古く、伝統ある中国文化に端緒があるリュウにぴったりではないか……。
 これは全部toroiaによる推測であって何の根拠もない。しかしもし一部でもこのように考えている人がいるならば言っておきたいのは、最後の論拠は文字学的にいってウソだ、ということである。つまり竜のほうが龍より古い字形なのだ。

 まず、『集韻』(1037)に「竜は龍の古字である」とある(『大漢和辞典』より)。古字というのは文字通り古い字という意味だが、これは単に当時使われなくなっていた字形という意味であって年代的に古いということだけを意味する言葉ではない。
 しかしやはり龍の字の説明にはいろいろ疑義がある。『読篆臆存』は「金石文のリュウは篆書体(『説文』に掲載されている字体)と同じだが、……周龍伯戟銘をみるとその字は首尾と甲のかたちをかたどっている。月は肉ではないし、(上部の)辛は童を省略したのにしたがったものでもない。今、字典を見ると龍の古字が竜であるというが、これこそこの字であろう。小篆の字体を説くのに、月をもって肉となし、童の省略をもって辛となし、右側の旁を指して飛ぶかたちにかたどるとするが、六書の法則では象形がもっとも先にきて声が最後になるのだから、リュウの象形は童の省略に従いえない。桂氏の引く王伯申先生は、旁が古字のリュウだとするが、この説は詳らかでない。愚考するに、小篆はこの二つの古字をあわせて龍の字をつくったのだろう。もともとは象形だったのが、会意・形声の意へと変じたのである」という*3

 この推測が正しいのかどうか、また「周龍伯戟銘」とは何か分らないが本当に古い字形はなんだったのか、とりあえず甲骨文字から立証されている「リュウ」を見てみることにしよう*4

kokotsuryu.jpg

 ……竜と龍どちらかといえば、竜のほうではないだろうか。それゆえ白川静も『字統』で「竜は龍の初文」(p.912)と書いているのだ。だとすると、そもそもこのリュウは何を表しているのか。

 甲骨文字の卜辞にみられる「竜」は、具体的には以下のようなコンテクストにおいて現れている*5

  • 王叀竜方伐 「王、これ竜方(邦)を伐たんか」
  • 貞勿乎帚妌伐竜方 「貞う[卜問し、神意をうかがうこと]、帚妌をして竜邦を伐たしめんか」
  • 貞乎竜氏羌 「貞う、竜をして羌に致らしめんか」
  • 貞*弗其*羌竜 「某それ、羌、竜に災いせざらんか」(*は漢字に該当なしの甲骨文字)

 「邦」という漢字がついていたり「羌」と並列されているところからも推測されるとおり、殷代の卜辞においては、「竜」とは殷とは別の国または地名か部族の名前として使われていたらしい。おそらくその故地は羌と近いところにあり、「伐つ」という表現があるところからして殷と敵対していた存在だった。しかし「竜をして」とあるからには、一時期殷の配下にあって、異民族羌討伐の命が下されることもあったらしい。
 以上の証拠から推測されるのは、「竜が崇拝対象になっているという確実な例がない」*6ということである。漢字にやたらと呪術的意義を見出したがる白川静も、この点に関しては「竜が説文にいうような霊物と考えられた事実は認められない」*7と考えている。少なくとも後の世において「竜(龍)」と見なされるようになった漢字は、その初めにおいては、漢字(甲骨文字)文化にとっては外来的なものだったのだろう。

 ・龎、龔の甲骨文字(以下続く……)


*1 鱗蟲之長、能幽能明、能細能巨、能短能長、春分而登天、秋分而潜淵、从肉飛之形、童省声
*2 『白川静著作集 別巻 説文新義6』、p.161[2385]。
*3 白川、p.167[2391]に引用。
*4 量博満「龍と蛇 古代中国の場合」『アジアの龍蛇 造詣と象徴』、p.127より。
*5 量、p.127-28。
*6 量、p.128。
*7 白川、p.162[2386]。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-08-30 (日) 21:12:57 (3731d)