クトルブ

Quṭrub
قُطْرُب

地域・文化:アラビア


 クトゥルブ。
 怪物の一種。人狼のこと。語源はシリア語のカントローポスで、カントローポス自体はギリシア語のリュカントロポスの翻字である。
 『動物の書』を著したアル=ジャーヒズはクトルブについて語っていないが、アル=マスウーディーはさまざまな幻獣のうちにクトゥルブを含めている。ただし、人狼の伝承は最後までアラビアの民俗には定着しなかったようである。

 クトルブについては上記(イスラーム百科事典の項目)以外資料によって異なった説明がなされているので以下に挙げる。
 先イスラム期におけるアラビアの伝承のなかのグールのこと。
 ワフブ・ブン・ムナッビフ(8世紀の歴史家)は純粋でないジンの一種として挙げている。
 また、小型でまだ若い男性のグールのことも言う。

関連項目


参考資料 - 資料/160:; 資料/164:; 資料/334:304; 資料/556


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-23 (月) 14:27:11 (2447d)