ヌーン

Nūn

地域・文化:アラビア


 イスラームの伝説において、大地を支える魚のこと。語源はシリア語のヌーナー「魚」(nūnā)。
 アッ=タバリー『諸国史』I.48がイブン・アッバースの伝承として伝えるものによると、アッラーは原初のとき、筆を創造し、次いで蒸気を持ち上げて天を創造(分離)したあと、ヌーン(魚)を創造して、大地をその背中に広げて設置した。ヌーンが震えると、大地も揺れ動いた。しかし、ヌーンは山々によってつなぎとめられた。それゆえに『クルアーン』の筆の章は次のように始まるのである。「ヌーン。(天上の)筆にかけて……。また(天使らの)書きしるす(記録)にかけて……」*1

 のちの../バハムートクジャタにあたる巨獣である。

関連項目


参考資料 - 資料/1009:218-219


*1 資料/31:3.218.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-11 (金) 05:23:56 (2457d)