クアト

Ķïat

地域・文化:古期ウイグル(?)


 またはカト(Kat, kjat)。
 叙事詩『オグズナーメ』などに登場する幻獣。野獣や人々を食い荒らす猛獣である。
 クアトは頭から角が一本生えているため、漢語/古期ウイグル語の対訳文献では「麒麟」と翻訳されている。ただし聖獣である麒麟とクアトが似ているのは形態だけである。
 語源としては、サンスクリットでサイ(一角獣)を意味するカドガ(khaḍga)またはガンダ(gaṇḍa)を表現しようとして書き間違えたという説がある。カドガはトカラ語を経由してウイグル語文書でクトキ(ktki)と書かれてもいる。

関連項目


参考資料 - 資料/384:12-15;資料/642:593;資料/643:2.273-274


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-13 (金) 20:55:38 (3809d)