耳衣人

Jienin
じえにん

地域・文化:仏教


 漢訳『正法念処経』にみえる、東方の異人名。自らの衣服にできるほど耳が巨大な種族。
 この箇所は、『大正大蔵経』本文では「取衣人」となっているが、校註にあるように宮内庁書陵部蔵宋本では「耳衣人」となっており、さらにチベット語訳でははっきりとナパゴンパ(rna ba gon pa)「耳を衣にする人」となっている。このことから、失われたサンスクリット原本では、この箇所はカルナプラーヴァラナだったと推測される*1

関連項目


参考資料 - [[資料/]]


*1 資料/995:17.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-02 (水) 05:42:39 (2980d)